正しい服薬で病気を治療|使い方や量を守って薬のパワーを引き出そう

薬(くすり)の事

薬を正しく使うには

手のひらに薬をのせる

病気や疾患などはほぼ全ての人が患う可能性があるものであり、病気や疾患にかかることがない人はほとんど存在しません。誰しもがちょっとした風邪を引いてしまったり病気になってしまうことが多く、そのため病院や薬品で治療をおこなっています。こうした病気や疾患を治療する際によく利用されるのが医薬品などの治療薬であり、今では治療薬は誰でも簡単に入手できるようになっています。風邪を引いた際には病院に行かず薬局などで風邪薬を買って服用する場合は多く、最近では重大な病気や疾患の治療薬以外は薬局などから個人で購入することができるようになっています。そのため病院に通院や診断におとずれなくても、軽い病気や症状は個人で簡単に治療することができるようになりました。風邪や疾患を発症した際に必要になる費用も薬を薬局で買えば安くなるので、多くの人がこうした方法で治療をおこなっています。

薬を購入した際には服薬を実践し、定期的に決まった量の治療薬を摂取する必要があります。そのためまず治療薬を買った際は注意書きや利用量などをよく確認し、薬の使い方や効果などをよく確認することが必要です。薬にはそれぞれ定められたタイミングや量が設定されており、飲み方や使用する期間などもそれぞれの薬によって違ってきます。そのため薬を使用する際には利用方法や飲み方を確認し、正しい方法で薬を使うことを心掛けましょう。また購入した際には薬の用途や使用料、効果などがわかっていた場合でも読み返してみると方法が違っていたという場合もあります。薬の量を間違えたり効果の違う薬を利用すると効果が発揮できなかったり、場合によっては違った病気を引き起こしたり症状が悪化する場合があります。そのため薬を購入した後でも服用する際でも薬に記載されている注意書きなどをよく確認し、間違った方法や違った量で薬を服用することがないようにしましょう。

カテゴリ

それぞれの薬のタイミング

薬を飲もうとする男性

薬を利用する際は服用する場合のタイミングをきちんと確認し、定められた時間帯に薬を服用するようにしましょう。また薬によっては時間が指定されている場合もあるので注意しましょう。

詳しくは…

飲み薬の正しい飲み方

男性医師

飲み薬を飲む際は水と共に利用することを心掛け、食道炎や潰瘍などの症状を引き起こさないようにしましょう。また薬の効果を十分に発揮するため、酒やジュースなどといった飲み物とは一緒に服用しないようにしましょう。

詳しくは…

子供に薬を飲ませる方法

女性医師と患者

薬嫌いな子供に薬を飲ませる際にはまず薬を飲みやすくするために、味や形状を変えれるように工夫をおこなうことが大切です。また子供に薬を飲ます方法には水で溶かしたり、子供の好物に混ぜるなどの方法があります。

詳しくは…

薬の飲み忘れ防止

錠剤やカプセル

薬の飲み忘れを防止するためには、薬の分量をきちんと分けて家族で協力をして正しく薬を服用できるように対策をとりましょう。また最近では飲み忘れや薬の飲み間違いを防ぐため、服薬支援ロボが登場しています。

詳しくは…